ー沖縄県那覇市の税理士ですー

【消費税】複数税率導入の問題点

沖縄県那覇市の税理士、渡嘉敷です。

2019年10月には、消費税の税率引き上げに伴い、複数税率が導入されます。

これ、けっこう問題がある制度でして・・・

税率アップして10%ということなのですが、飲食料品の税率は8%です。

ただし、飲食料品であっても外食やケータリングは8%でなく10%です。

 

そうすると、ショッピングセンターのフードコートで食事する場合、たとえお店で食べるつもでも「持ち帰り」と答えて購入した方が少し安く買えます。

 

兄「僕、ハンバーガーがいいな。」

妹「私、スパゲティ食べたい。」

親「はい、お金。買うときには『持ち帰り』と言うんだよ。お釣りはちゃんと返してね」

なんて会話が想像されます。

 

大人がこのような「嘘」を子どもに教えかねない税制ってどうなんでしょうか?

消費税だけでなく、他の税金に対してもモラルの低下が心配です。

 

また、8%税率の「飲食料品」の範囲がややこしいです。

食品表示法に定められているものが「飲食料品」とされていますが、食品表示法にガチガチに縛られるものではなく「人の飲食の用に供されるものかどうか」というのがポイントだそうです。

 

したがって消費期限の切れたお肉を「飼料」として売る場合は「人の飲食の用」ではないため10%ということになります。

また、食品表示法に記載がなくても飲食目的の昆虫は8%ですね。

重曹は飲食にもお掃除にも使える不思議な物質ですが、食用として売る場合は8%、お掃除用として売る場合は10%だそうです。

 

・・・ということで、なんともしっくりこない消費税の軽減税率。始まるのはもうすぐです。

食料品小売業などはレジなどを軽減税率に対応したものに変更する必要がありますが、なかなか進んでいないとか。

 

10月になって慌てないように早めに行動しましょう。

 


相続税・・・税金より遺産分割の心配を

沖縄県那覇市の税理士、渡嘉敷です。

 

相続税というと、税額の心配をされる方が多いです。

生前から不動産を買ったり生命保険をかけたり、いろいろな手段で相続税を安くすることに熱心です。

 

しかし、税金よりも優先したいことがあります。

 

遺産分割協議

 

これで揉めて家族がバラバラになってしまうことが少なくありません。

 

相談にいらっしゃる方は税額のお話が中心になるのですが「遺言など遺産分割はどうなってますか?」と伺ってみると、全く対策をしていない方も多いです。

 

いくら相続税が安くなっても、きょうだい同士で喧嘩になってしまいシーミーも旧盆もバラバラ・・・では被相続人もあの世で悲しむことでしょう。

 

相続財産が少ないから揉めない、ということはありません。

財産の多い少ないよりも「あんな失礼な事を言われた!許せない!」みたいな感情で揉めてしまうことも多いです。

こうなってしまうと、遺産の分配でなんとか合意しても「スッキリ解決」とはなりません。

やっぱりギクシャクしてしまって旧盆にも顔を見せない・・・という事になってしまいがちです。

 

節税対策より争族対策

 

相続税の多い少ないを気にするのも大切ですが、相続争いにならないような対策の方がより重要だと思っています。

 


亡くなった人の預貯金を遺産分割前でも引き出せる制度が始まります。

沖縄県那覇市の税理士、渡嘉敷です。

銀行が相続発生を知ると、被相続人の預金が凍結されてしまって遺産分割協議が整うまでは預金を引き出せない・・・というのが今までの制度で、お葬式の費用や生活費をどうするか?というのが問題になっていました。

 

2019年7月からは、遺産分割前であっても一定限度の額を引き出すことができるようになりました。

これで生活費の心配が少しだけ緩和されますね。

 

各相続人が引き出せる金額は次のとおりです。

・相続発生時の預金残高×1/3×法定相続分(150万円が上限)

 

各相続人が自由に(?)引き出せるということは、別の面で揉め事の原因になる可能性もあります。(遺言と違うとか)

 

新しい制度ができたから、これで安心すべて解決・・・ではありません。

やはり生前から相続争いにならないよう、きちんと話あっておく必要があると思います。

相続というと、税金ばかりが注目されがちですが、一番重要なのは相続争いしないことではないかな・・・と思います。

 

 

ちなみにこの新制度は、2019年7月1日から施行されるのですが、それ以前に亡くなっていた場合でも適用ありという優しい決まりになっています。

・民法附則 第五条(遺産の分割前における預貯金債権の行使に関する経過措置)

新民法第九百九条の二の規定は、施行日前に開始した相続に関し、施行日以後に預貯金債権が行使されるときにも、適用する。

 


iPhoneでマイナンバーカードが読み取れるようになる?

沖縄県那覇市の税理士、渡嘉敷です。

 

報道によると、2019年秋にAppleが公開する予定の新OS「iOS 13」でマイナンバーカードの電子証明書が読み取れるようになるそうです。
これにより、確定申告や児童手当の申請などができるようになるとか・・・

 

イメージとしては、
1.行政側が準備した専用アプリをダウンロード
2.必要事項を入力
3.マイナンバーカードをかざして本人確認
4.送信

 

こんな感じでしょうか?
簡単に手続きできそうですね。

 

でも、確定申告を小さなスマホだけで行えるようになるには課題が多いと思います。
パソコンで確定申告書を作成するにも軽く1時間くらいかかりませんか?
慣れてない方だとまる1日かかる場合もあります。

 

自営業や不動産賃貸などの確定申告をe-Taxで行うには決算書や、社会保険料控除、扶養控除といった入力項目をひとつずつ入力していく必要があり、スマホでこれを行うにはかなりの根気がいる作業になると思います。

 

おそらく、手始めにサラリーマンの医療費控除とか年金受給者の確定申告など、割と簡易な申告から導入されていくのだと思います。

 

もうひとつ、気になるのが

 

スマホがICカードリーダー・ライターの代わりになるのか?

 

という点です。
そうならパソコンに接続してマイナンバーカードで電子証明書を添付して送信できることになります。
こちらも期待は難しいかな?

 

まぁ、無理してスマホでマイナンバーカードを読み取らなくても「ID・パスワード方式」という便利な方式もありますので、こちらを利用するのがオススメです、はい。


キャンプ・キンザーでトライアスロン

沖縄県那覇市の税理士、渡嘉敷です。

キャンプ・キンザーで行われたトライアスロン大会に出場してきました。

毎年開催されているイベントで、競技というよりはレクリエーションなのでピリピリした緊張感はなく楽しめます。

特徴は普通のトライアスロンとは順番が逆で、ラン5km、バイク15km、最後がスイム400mという流れになります。

 

朝8時5分スタート。

なぜ5分かというと、8時は国旗掲揚の時間なので国旗の方角を向いて直立不動。

車を運転してても8時には停まって国旗の方角に直立不動。

アメリカと日本の国歌が終わるといよいよスタートです。

レクリエーションなのでのんびりした雰囲気ですが、スタートしてみるとけっこう速い。

心拍数は160~180くらいの範囲でした。

心拍数は高いけどタイムは普通。

 

25分程度でランを終了。予想よりハードな展開に・・・

バイク15kmは基地内を行ったり来たりのテクニカルなコース。

後半になると「こんなに頑張らなくていいんじゃね?」と思い直してちょっとペースを落とします。

30分くらいでバイクを終えてスイムへ。

スイムは屋外プールで400m。汗びっしょりのままプールに飛び込んで泳ぎだすという贅沢な使い方です。

この日は朝から暑かったので泳いでてとても気持ちいい!

もうちょっと泳ぎたい気分でしたがゴール。

タイムとか順位は全く気にしないのでリザルトも確認しません。

終わった後は基地内のレストランに行って食事をすることもできます。

いつもながらボリュームには驚かされます。

基地内で食べるわけでが消費税はどうなるでしょう?

消費税は、

1.国内において
2.事業者が事業として行う
3.対価を得て行う
4.資産の譲渡、貸付け、役務の提供等

に課税される、となっています。

 

まず「米軍基地は国内か?」という疑問。

米軍基地だって日本の領土であり、不動産登記もされていて日本人が所有者だったりするわけですから「国内」です。

そうすると、国内で米軍レストラン(事業者)が商売(事業)としてタコス(資産)を売る(譲渡)わけですから消費税が課税されそうです。

 

しかし、いわゆる日米地位協定というのがあり、その第15条で「日本の租税を課さず」とされています。

条約は国内法に優先するので、基地内のレストランでタコスを買っても消費税は含まれていない、ということになります。

 

 

消費税の味がしないタコスを食べてお腹いっぱいになった日曜日の朝でした。

 


© 2016 Tokashiki All Rights Reserved.